ポンピドゥ・センター

ポンピドゥ・センターに来る理由?

パリの文化的な面を発見するためには是非とも訪れるべき場所、ポンピドゥ・センター・・・

近現代美術の作品 : ヨーロッパ最大の近現代美術コレクション(パブロ・ピカソ、ワシリー・カンディンスキー、アンリ・マティス、マルク・シャガール、序アン・ミロ、サルバドール・ダリ、ジョルジョ・デ・キリコ、イヴ・クライン、ルネ・マグリット、ピエト・モンドリアン、ジャクソン・ポロック、アンディ・ウォーホルなど)

見逃せない展覧会 : 20世紀と21世紀の美術史に名を残す主要人物と重要なムーブメント。近代美術の代表的な画家たち。 ノートル・ダムから徒歩10分、パリで最も活気のあるマレ地区、パ

ノートル・ダムから徒歩10分、パリで最も活気のあるマレ地区、パリの中心に位置する建物

最も美しいパリの眺めを望めるスポットの1つ : エッフェル塔、モンマルトル、ガルニエ宮、ノートルダム大聖堂など、 素晴らしいパリが足元に広がる

歴史の話・・・

国によって購入された存命フランス人画家の作品を所蔵する目的で、1818年に設立されたルクセンブルグ美術館のコレクションを受け継いだ国立近代美術館-産業創造センターは、ヨーロッパ最大の近現代美術コレクションを誇り、1905年から現代までの10万点以上の作品を所蔵する世界でも最も大きな美術館の1つに数えられています。

1977年、建築家のレンゾ・ピアノとリチャード・ ロジャースが設計したポンピドゥ・センターの開館を期に、コレクションの幅が広がります。現代の美術史に名を残す、国際的に活躍する近代美術アーティスト達の作品を収集する方針を貫く事で、ポンピドゥ・センターは美術館としての学術的な使命を果たしています。開館以来、寛大な支援者たちからの寄贈品などによりコレクションの数は増え続けており、新たな分野を開拓していきます。

© Manuel Braun

近現代美術の作品 :

 

インフォメーション :

開館時間

ポンピドゥ・センター :

  • ポンピドゥ・センター
  • 木曜日23時まで(6階の臨時展のみ)
  • チケット販売所は閉館1時間前に閉まります
  • 毎火曜日と5月1日は休館

アトリエ・ブランクーシ :

  • 開館時間 14時~18時
  • 毎火曜日と5月1日は休館

料金

毎月第一日曜日は、美術館、「Vue de Paris」(パリの眺め)、子供のギャラリーへのアクセスは無料です。

チケット

通常料金

割引料金

« Musée et Expositions »チケット
このチケットで、指定された日付に全ての展示会場、美術館、屋上展望に1回だけ入場することが出来ます。
14 € 11 €
« Vue de Paris »チケット
このチケットで展示会場や美術館への入場は出来ません。
5 €
パリ・ミュージアム・パス
ポンプドゥ・センターを含む、パリとイル=ド=フランスの60ヶ所の美術館やモニュメントに入場できるパスです。
2 日券 : 42 €
4 日券 : 56 €
6 日券 : 69 €

  チケットを予約する

アクセス

Place Georges-Pompidou (ジョルジュ=ポンピドゥ広場), 75004 Paris

メトロ : Rambuteau駅(11番線)、Hôtel de Ville駅(1番、11番線)、Châtelet駅(1番、4番、 7番、 11番、14番線)
RER : Châtelet-Les Halles駅(A,線、B線、D線)
バス : 29番、38番、47番、75番
Vélib (レンタル自転車) : ステーションn°4020、Quincampoix通り27番地正面、ステーションn°3014、Grenier Saint-Lazare通り34番地正面、 ステーション n°3010、Beaubourg通り46番地

レストラン

レストラン ジョルジュ - カクテルまたは素敵なディナー

火曜日を除く、毎日営業12時から14時
予約は電話にて:+33 (0)1 44 78 47 99
アクセス:6階、ジョルジュ・ポンピドゥ広場から専用エレベーターで

カフェ メザニンヌ - 軽食

火曜日を除く、毎日営業11時から21時。予約不要
アクセス:1階
お問い合わせ先:+33 (0)1 44 78 47 99

クローク

クロークは地上階にあり、営業時間は11時~21時50分です。

ベビーカーと車イスの貸し出しを行っています。(数に限りあり)

美術館の常設展と特別展を見学の際、以下の品物はクロークにお預けください :

  • スーツケース、リュックサック、傘、背負いタイプのベビーキャリー、ヘルメット、その他のバッグ(サイズ制限:長さ35cm/幅15cm/奥行き30cm)
  • ビデオやカメラの三脚またはストロボ
  • セルフィー棒。

大量またはかさばる荷物を持った来館者には、ポンピドゥ・センターへの入場が禁止されています。これらの荷物は、クロークでお預かりする事はできません。

トイレとベビールーム

トイレは地下1階、地上階、4階、5階、6階に設置されています。

地上階、4階、5階、6階には、オムツ替えテーブルが備えられています。

入場制限

  • 個人のお客様にはクローク(地上階)、美術館入り口(5階)、展示会(6階)にて車イスの貸し出しを無料で行っています。貸し出しには身分証明書の提供が必要です。
  • ポンピドゥ・センターでは、盲導犬を伴っての入館が許可されています。
  • ポンピドゥ・センターのチケット売り場、映画館1と2には、ヒアリングループが備えてあります。

優先アクセス :

  • 身体障害者または視覚に障害を持った人専用入り口:Saint-Merri通りとRenardド折の交差点。
  • 正面入り口からの優先入場-Georges Pompidou広場。
  • 注意:傾度11%、石畳による舗装。

アプリ

e-ガイドをご利用ください

展覧会の見学、コレクションの解説、20世紀と21世紀の美術史の全て。
フランス語と英語、スペイン語で利用可。

iPhone/iPad専用アプリケーションのダウンロード
Android専用アプリケーションのダウンロード
Windows Phone専用アプリケーションのダウンロード